業務用エアコンが故障した時は修理か買い替えか?

HOME » 東芝の業務用エアコン情報 » 業務用エアコンが故障した時は修理か買い替えか?

業務用エアコンが故障した時は修理か買い替えか?

東芝の業務用エアコンを使用していて、冷暖房の効きが悪いとか、電源が入らなくなったとかなど、様々なトラブルが発生することもあります。
ただ家庭用のエアコンと違って業務用エアコンは、買い換えるとなれば大きな出費になってしまうので、まずは修理ということを選択することになります。

しかし、実際東芝のサポートセンターなどに依頼して修理したとしても、あと何年使用できるのか疑問に感じてしまうこともあります。
また修理したとしても他の部分が故障してしまう可能性も考えられるので、修理と買い替えのどちらが得なのかを考えてしまうことも少なくないです。
特に、最近は省エネ性に優れた業務用エアコンも数多く登場しているので、ランニングことを含めて考えると修理よりも買い替えた方が得なケースも増えています。

では、どちらがお得なのか判断するチェックポイントには、どのような内容があるのでしょうか?
まずは保証期間内なのかを確認することで、各メーカーで違いはありますが一般的には1年という場合が多いのでその期間内なら修理の方が得です。
ちなみに東芝の業務用エアコンは、メーカー3年保証になっています。

保証期間が終了していても購入から7年以内の製品なら、故障内容によって修理金額は異なりますが、修理代金と購入費用を比較・検討してみる価値はあります。
しかし購入から9年以上経過している場合は、部品保有期間が生産終了から9年間というケースが考えられるので、修理依頼しても部品が無い場合があることを知っておく必要があります。
また、購入から15年以上経過している場合は、通常買い替えした方が得になると考えられているので、これらのことをひとつの目安として考えると良いです。

業務用エアコンを修理するなら

業務用エアコンを修理するなら京都業務用エアコンの新空調は創業20年で経験豊富で安心です!

業務用エアコンの3つの豆知識

事務所やオフィスに最適な業務用エアコンとは?
事務所やオフィスに導入もしくは入れ替えを行うのに、最適な業務用エアコンとはいったいどのようなものなのでしょうか?事務所やオフィスに最適な業務用エアコンは、部屋全体をしっかりとムラなく冷やすもしくは暖めることが出来るものになります。業務用エアコンの設置してある近くだけ冷えている、暖まっているのでは事務所、オフィス内で働いている人の不満につながります。

それから、絶対的に必要な条件ではありませんが、事務所やオフィスでは人の出入りが頻繁に行われます。そのため、外部からウイルスなどが室内に持ち込まれるというケースが珍しくありません。とくに風の流行りやすい季節などは、気をつけたいところです。それを防ぐために、除菌機能などがついている業務用エアコンを選ぶのがおすすめです。もちろん、これはすべてのウイルスを除去して絶対に感染しないことを保証するものではありませんが、この機能があるか、ないかだけでも安心感が違います。

人の多く集まる場所、出入りが多くなる場所であるからこそこのようなこともしっかりと考えながら業務用エアコンを選ぶ必要がありますよ。これから導入、入れ替えを検討している人は参考にしてみてください。

今と昔の業務用エアコンについて
今と昔の業務用エアコンでは、大きな違いがあります。昔というのは、今から10年以上前のものをいいます。その大きな違いとは、消費電力の違いです。今の業務用エアコンの方が、消費電力が少ないため、電気代を節約することが出来るという場合が多いです。業務用エアコンの場合には、使用頻度も多く電気代も馬鹿になりません。少しでも節約したいというのが本音でしょう。
現在、店舗やオフィスなどで使用している業務用エアコンが10年以上も前のタイプであるという場合には、新しい業務用エアコンへの買い替えを検討してみるとよいでしょう。古いもののままだと、無駄に電気代がかさむということにもなりかねません。

業務用エアコンを使用する際の豆知識
業務用エアコンを使用する際に知っておくと便利な豆知識について紹介します。業務用エアコンを使用するのは、主に夏が一番多いと思いますが、いきなり業務用エアコンを運転するというのではなく、まずは窓を開けて部屋の熱気を逃がしてから運転をするようにするとより効果的に使用することが出来ます。暑い熱気がこもったまま運転を開始してしまうと、それを下げるために余計な電気代がかかることになってしまうので、ぜひ覚えておきましょう。また、もう1つ大切なのが室外機に直射日光をあてないということです。室外機が直射日光によって熱を持つと効率が悪くなってしまうので、注意が必要です。こちらも覚えておきましょう。

業務用エアコンはまずは現地調査から
業務用エアコンを購入、設置する際には業者に見積を依頼するのが一般的です。最近では、インターネットを通じて見積を簡単に依頼することが出来るようになりました。そんな業務用エアコンの見積ですが、現地調査を行わないと正式な見積は出ません。業者が実際に現地を調査して、必要な資材、必要な工事、設置する位置の確認などを行ないます。配管の長さや電線の長さ、穴を開ける位置、部屋のスペース、搬入経路の確認などを行なった上で、正式な見積が出ます。インターネットを通じての見積と言っても必ず業者が1度現場を見ないと正式な見積は出ないということを覚えておきましょう。逆に言えば、1度も来ない業者に依頼をするというのは非常に危険です。後で、追加料金などを請求される可能性があります。