東芝の業務用エアコン情報

HOME » 東芝の業務用エアコン情報

東芝の業務用エアコン情報

業務用エアコンリースで導入することを検討

東芝の業務用エアコンを検討中の方もいると思いますが、リースで導入すると言った方法を考えてみるのもひとつの選択肢としてあります。
東芝の業務用エアコンをリースで導入すると、初期費用は0円となりますし月々わずかなリース料の支払いだけで済むので費用の負担を大きく軽減することができます。
≫ 『業務用エアコンリースで導入することを検討』

東芝の業務用エアコンの取り付けについて

東芝の業務用エアコンには、ウルトラパワーエコ・スーパーパワーエコゴールド・スーパーパワーエコminiの3種類がラインアップされています。
どのタイプも「がちゃピタスライド金具」を採用していることから、取り付けが簡単で施工性が向上していて、取り付け業者にとっても手間なく作業できる製品になっています。
特にスーパーパワーエコminiは、室外機をシングルファンにすることでコンパクト・軽量の設計になっているので、設置スペースも気にすることなく取り付け作業も楽です。
≫ 『東芝の業務用エアコンの取り付けについて』

東芝の業務用エアコンを選ぶポイントは?

東芝の業務用エアコンの室内機や室外機には様々な種類があるので、新設するにしても入れ替えをするにしても迷ってしまうことがあります。
業務用エアコンの選ぶポイントを知っておくと、東芝の業務用エアコンの中から適したものを選択することができます。
まず選ぶポイントとして一番大事なことは、職場やお店を快適にして居心地がよく働きやすい環境をサポートできるかです。
その点を踏まえて、様々な施設に適した業務用エアコンの選ぶポイントを簡単に紹介します。
≫ 『東芝の業務用エアコンを選ぶポイントは?』

東芝の業務用エアコンがおすすめの理由は?

業務用エアコンを取り扱っている会社としては、東芝をはじめとして数多くあるので、その中でどこがおすすめなのかは気になる点です。
どのメーカーにおいても良い点と悪い点があるので、一概にはおすすめを断定することはできません。
ただ価格の安さが全メーカー中NO1との呼び声が高いことから、東芝の業務用エアコンはおすすめと考えられます。
≫ 『東芝の業務用エアコンがおすすめの理由は?』

東芝の業務用エアコンの種類には

業務用エアコンは、使用する場所や用途などに応じて様々な形状が用意されているので、デザインや予算などを考慮して適切な種類を選択することが可能です。
一般的な種類としては、吹出口が4方向タイプの業務用エアコンとなる4方向天井埋込カセット形、吹出口が2方向タイプの業務用エアコンの2方向天井埋込カセット形があります。
4方向天井埋込カセット形は、360度全方向に吹き出し可能で省エネに優れている機種が多く人気ですし、2方向天井埋込カセット形はデザイン性に優れているので飲食店や美容室などに人気です。
その他には、室内機を天井から吊下げて設置する業務用エアコンの天井吊形やビルトインオールダクト形・床置形・厨房用エアコン形などがあります。
≫ 『東芝の業務用エアコンの種類には』

業務用エアコンが故障した時は修理か買い替えか?

東芝の業務用エアコンを使用していて、冷暖房の効きが悪いとか、電源が入らなくなったとかなど、様々なトラブルが発生することもあります。
ただ家庭用のエアコンと違って業務用エアコンは、買い換えるとなれば大きな出費になってしまうので、まずは修理ということを選択することになります。
≫ 『業務用エアコンが故障した時は修理か買い替えか?』

東芝の業務用エアコンの特徴とは?

東芝エアコンの業務用エアコンの特徴としては、何といっても省エネ大賞を受賞したこともある節電&省エネです。
また東芝の業務用エアコンは、単に本体の省エネ性や機能だけでなくリモコンの機能も充実しているのです。
それは、超省エネ形エアコンを簡単にコントロールできる「省エネneoリモコン」と、誰でも簡単にいつでも操作可能な「一発節電リモコン」です。
≫ 『東芝の業務用エアコンの特徴とは?』

豊富なラインアップの東芝の業務用エアコン

東芝の業務用エアコンには、4方向天井カセット形・2方向天井カセット形・天井埋込形・天井ビルトインカセット形などと言った製品が豊富に揃っています。
また、ビルトインオールダクト形・床置形・壁置形・天井吊形・1方向天井カセット形・高天井用1方向カセット形・天吊形厨房用エアコンなど、設置イメージに適した多彩な製品を選ぶこともできるのです。
それから東芝の業務用エアコンは、ワンランク上の省エネ性能により約62%の省エネを実現していて、全機種が省エネ法2015年基準値をクリアしています。
こうした高い省エネ性を実現することで地球温暖化防止にも貢献しているので、時代をリードする業務用エアコンと言えます。
≫ 『豊富なラインアップの東芝の業務用エアコン』

業務用エアコンはどこで購入するの?

業務用エアコンを取り付けたいという場合には、いったいどこで購入すればよいのでしょうか?昔は、専門の業者に依頼するという方法しかありませんでしたが、現在ではインターネットを通じて簡単に購入することが出来ます。業務用エアコンの販売だけを行なっているという業者と、販売と取付工事の両方を行なっているという業者がいます。

当然ですが、業務用エアコンは購入しただけでは使用することが出来ません。取付工事を行う必要があります。専門的な知識、経験、工具などがないと取り付けを行うことは出来ません。業務用エアコンを購入する際には、一緒に工事もお願いするというパターンが圧倒的に多いです。購入だけだと、購入してから取付工事をしてくれる業者を探すということになるので、2度手間です。工事を依頼するという場合には、必ず事前に見積を取るようにしましょう。そしてその内容をしっかりと確認します。工事の内容や金額はしっかりと把握しておかないと後でトラブルになるというケースも少なくありません。やってくれると思っていた、追加料金が発生してしまったなどということがないように不明点は必ず確認しておきましょう。

業務用エアコンは環境にあわせたものを選ぶ

最近の業務用エアコンは、どのメーカーのものもとても省エネ性に優れていて、品質の良い物が多いですが、業務用エアコンを選ぶ際にはそれぞれの環境にあわせたものを選ぶようにする必要があります。とくに、注意したいのが寒冷地です。寒冷地の場合には、冬の寒さがとても厳しいので、普通の業務用エアコンでは対応することが出来ないというケースがあります。

そのため、各メーカーでは寒冷地向けの業務用エアコンを開発しています。この寒冷地向けのものは、通常のものよりも厳しい環境でも快適に運転することが出来るように作られています。より素早く暖房が出てくるように作られている機種が多いです。

どうしても今までだと、寒い冬はストーブというイメージが強いでしょうが、ストーブは燃料代がかかりますし、巻きストーブのように煙が出るなどというデメリットがあります。それに比べて、業務用エアコンの場合には電気なので、ストーブなどに比べると火事になるという危険性も少なく、安全です。寒冷地にある店舗やオフィスで業務用エアコンを導入するなら、各メーカーの寒冷地仕様のものを選ぶようにしましょう。商品カタログなどで確認しておくとよいでしょう。

業務用エアコンを購入する時はここをチェック

最近では、安く購入することが出来るという理由からインターネット通販で、業務用エアコンを購入するという人が増えています。そんなインターネット通販で業務用エアコンを購入する際の注意点についてお知らせします。購入する際に、絶対にチェックして頂きたいのが、電源です。電源には大きくわけて2つのものがあります。単相と三相と呼ばれているものです。一般家庭で使われている電源は単相と呼ばれるものです。100Vや200Vがあります。工場などや店舗などでよく使われているのが、三相と呼ばれるものです。別の言い方では動力などとも呼ばれています。この三相は一般の家庭ではほとんど使われることはありません。あくまでも業務用で使うという場合がほとんどです。

このように、単相と三相ではまったく異なる電源となりますので、インターネットで購入する際にはしっかりと確認しておきましょう。現在の業務用エアコンではほとんどが、三相のものとなっていますが、購入する際には間違えないようにしっかりと確認してから購入しましょう。間違えて購入してしまい、使えないなどということになるともったいないので、注意してください。

三菱重工の業務用エアコンについて

三菱重工の業務用エアコンで有名なのが、エクシードハイパーシリーズです。この製品の特長としては、冷媒ガスにR32を使用しており地球温暖化係数が約1/3になっているということです。また、超高効率業務用エアコンとなっています。

エクシードハイパーシリーズは、2015年省エネ基準値をクリアしており、さらに2016年度グリーン購入法基準値もクリアしています。また、業界トップクラスのAPF値を達成しているというのも大きな特徴となります。

また、三菱重工の業務用エアコンで忘れてはいけないのが、Air Flexです。エアフレックスと読みますが、これはドラフト感防止機能がついています。このエアフレックスでは、エアコンの風が直接体にあたるのを防ぐことが出来るのが特徴です。

オフィスなどで業務用エアコンを使用していると、寒いあるいは暑いと感じることがあるでしょう。それは、冷風や温風が直接体にあたるからです。直接体に風があたると不快感を覚える人も多いでしょう。エアフレックスを使用することで優しい風を感じることが出来ますし、直接あたらないというのが大きなメリットです。リモコンから簡単に設定することが出来るという点も大きな魅力です。吹出し口ごとに設定できるのでおすすめですよ。

業務用エアコンが効かない場合には冷媒ガス漏れを疑う

業務用エアコンを使用している中で、よくあるトラブルが、業務用エアコンが効かないというものです。冷房、暖房が効かないと業務に悪影響を与えるということや店舗であれば売上の低下にもつながりかねません。業務用エアコンが効かない原因はいくつかありますが、その中でも最初に疑うべきなのが冷媒ガス漏れです。業務用エアコンには、どの機種にも冷媒ガスが封入されています。封入されている冷媒ガスの種類は異なりますが、この冷媒ガスが少なくなるもしくは抜けてしまうと、部屋を冷やすもしくは暖めるということが出来なくなってしまいます。

冷媒ガスが抜けてしまっているという場合には、専門の業者に修理をしてもらう必要があります。冷媒ガスが漏れているという場合には、ガスを入れて終わりではなくまずは、漏れている箇所を特定することからはじめます。漏れている箇所を修理しなければ、ガスだけを入れてもまたすぐに抜けてしまうことになるからです。通常の場合には耐圧試験などを行ない漏れている箇所を特定します。特定して修理が完了してから冷媒ガスを入れるという流れになります。業務用エアコンが効かなくなってしまったという場合には、冷媒ガスが抜けてしまった可能性があるということを覚えておきましょう。

業務用エアコンで暖房を使う時に知っておきたい霜取り運転について

業務用エアコンを使用するのは、冷房だけではありません。暖房も利用することが多いでしょう。そんな時に覚えておきたいのが霜取り運転についてです。寒い日などはこの霜取り運転を行う頻度が多くなります。簡単に言えばこの霜取り運転というのは、霜を溶かすことを言います。室外機に霜がついてしまうと、効率が悪くなるため霜取り運転を行うのです。そのため、暖房使用中に霜取り運転が始まると暖房が止まってしまった、故障してしまったという風に感じる人が多いのです。機種などによっても異なりますが、基本的には霜取り運転中は暖房が停止するというものが多いです。この時間はそれぞれの機種や状況などによっても異なりますが約10~15分程度行われるという場合が多いです。

暖房使用中に、暖房が停止してしまうと焦ってしまうかもしれませんが、霜取り運転によって停止することがあるということを覚えておくようにすると焦らずに済みますよ。機種によって霜取り運転中でも完全に停止しないというものや停止している時に行うものなどがあるので、そちらについても製品カタログなどをチェックしてみましょう。

業務用エアコンにエラーコードが出たら

業務用エアコンを使用していると、まれにエラーコードが表示されるという場合があります。エラーコードとは、業務用エアコンに何かしらのトラブルが発生した場合に表示されるものです。このエラーコードが表示された場合には、まずどのような理由でエラーコードが表示されているのかを確認する必要があります。その理由によっては、個人で対応することが出来ないので、専門の修理業者に修理を依頼するようにしましょう。

エラーコードについて覚えておきたいのが、エラーコードはメーカーによって異なるということです。各社共通ではないので、メーカーによってエラーコード、エラーコードの意味が異なるということを覚えておきましょう。まず、業務用エアコンがどこのメーカーであるのかをしっかりと確認してからエラーコードをインターネットなどで検索します。そうするとエラーコードがどのような理由によって表示されているのかがわかりますので、自分自身で対応出来そうかどうかを確認しましょう。

フィルターなどの詰まりなど掃除をすることで直るというエラーであれば、業者を呼ぶ必要はありませんが、それ以外の場合には専門の業者にメーカーとエラーコードを伝えて修理をしてもらうようにしましょう。

業務用エアコンの床置形の特徴について

業務用エアコンの種類は色々ありますが、その中でも床置形というものがあります。どのような特徴、どのような所で使用するのに向いているものなのでしょうか?床置形は名前のとおりで床に固定して設置するタイプの業務用エアコンです。会社の会議室などに設置されるという場合が多いです。

床置形の特徴としては、スペースを取らないという事です。また、工事も天井に埋め込む天井カセット形などと比べて比較的簡単です。さらに、大きなメリットとしては床に固定するので、清掃などのメンテナンスが非常に簡単であるということです。天井カセット形などの場合には天井に設置するので、清掃する際に脚立を使用する必要があります。そのため、清掃するのにとても手間がかかりますが、床置形なら脚立を使用することもありませんので、手間がかかりません。

また、メーカーによってデザインは異なりますが、どれも非常にシンプルなものが多く周りと調和しますし、スマートに収まります。天井や壁などに業務用エアコンを設置するスペースがないという場合や、設置するのが難しいという場合には、この床置形の業務用エアコンを導入してみてはいかがでしょうか?おすすめですよ。

昔の業務用エアコンと今の業務用エアコンの大きな違いは?

今から10年以上前の昔の業務用エアコンと今の業務用エアコンではどのような違いがあるのでしょうか?とくに、今の業務用エアコンは省エネ性に優れているものが多いと言われています。どのようなものなのでしょうか?一番大きな違いは消費電力が違うということです。今の業務用エアコンは昔のものと比べて少ない消費電力で済みます。

メーカーや機種によってどのくらい消費電力を削減できるかは異なりますが、約60%も削減できるという場合もあります。無駄な消費電力を削減することが出来れば、毎月の電気代も大幅に抑えられることでしょう。業務用エアコンの場合には、やはり使用する時間が長いので、毎月の電気代が高額になりがちです。電気代を少しでも抑えるためには、省エネ性に優れた業務用エアコンに入れ替えて余分な消費電力を削減するのがおすすめですよ。

業務用エアコンを使用してから10年以上使用しているという場合には、省エネ性に優れたものに交換するようにするのがおすすめです。現在使用している業務用エアコンの毎月の電気代に悩んでいるという人はぜひ、真剣に入れ替えを検討してみましょう。電気代を節約出来ますよ。

知っておきたい業務用エアコンの種類について

業務用エアコンには色々なものがあります。一番よく知られている天井埋込カセット形をはじめ、ダクト形、天井吊形、壁掛形、床置形などのものがあります。天井埋込カセット形というのは、業務用エアコンの本体を天井の中に埋め込んで取り付けるというものになります。ダクト形とは業務用エアコン本体を天井に埋め込んで、吸込口と吹出口が表に出ているというタイプのものです。

さきほどのタイプと違い露出タイプと呼ばれるのが、天井吊形や壁掛形タイプの業務用エアコンです。これらは、本体が埋め込まれるのではなく外に露出して設置するというものです。床置形はそのままの意味で、床に設置するタイプのものです。埋め込みタイプなどのものと違い短い期間で設置をすることが出来るのが特徴です。このように、業務用エアコンと言っても色々なものがあるので、それぞれの部屋の形やどのようなことに使うのかによって業務用エアコンを選ぶようにするのがよいでしょう。部屋の作りや状況などによっては、設置することが出来ないタイプのものもありますので、設置できるかどうかは業者と相談するようにするとよいでしょう。ぜひ、覚えておきましょう。

業務用エアコンは通常どのくらいで設置することが出来るのか?

業務用エアコンを設置する場合には、まずは業者に見積依頼をして見積書を提出してもらうというのが一般的な流れです。仮に、その見積書の金額に納得して契約するという場合にはどのくらいで設置してもらうことが可能なのでしょうか?

近年では、インターネットから申込を行うというパターンがほとんどです。そのため、どのくらいの期間でやってくれるのかが不安という人も少なくないでしょう。業者が忙しい夏などの期間を除けば、基本的には早ければ約1週間程度で工事を行ってもらうことが出来るという場合が多いです。どのくらいの日数で工事をしてもらえるかは、業者によって異なるので、現地調査の際などに確認しておくようにするとよいでしょう。

早めに工事をしてほしいという場合には、忙しい時期をさけてなるべく早めに連絡をしておくようにするとよいでしょう。少なくても正式に契約をしてから1週間以上はかかるということを頭に入れておくようにするとよいでしょう。工事の内容などによっては少し時間がかかるという場合もあります。例えば、クレーンを使用する場合などや道路を使用するなどという場合には許可が下りるまで時間がかかることがあります。

業務用エアコンの3つの豆知識

今と昔の業務用エアコンについて
今と昔の業務用エアコンでは、大きな違いがあります。昔というのは、今から10年以上前のものをいいます。その大きな違いとは、消費電力の違いです。今の業務用エアコンの方が、消費電力が少ないため、電気代を節約することが出来るという場合が多いです。業務用エアコンの場合には、使用頻度も多く電気代も馬鹿になりません。少しでも節約したいというのが本音でしょう。
現在、店舗やオフィスなどで使用している業務用エアコンが10年以上も前のタイプであるという場合には、新しい業務用エアコンへの買い替えを検討してみるとよいでしょう。古いもののままだと、無駄に電気代がかさむということにもなりかねません。

業務用エアコンを使用する際の豆知識
業務用エアコンを使用する際に知っておくと便利な豆知識について紹介します。業務用エアコンを使用するのは、主に夏が一番多いと思いますが、いきなり業務用エアコンを運転するというのではなく、まずは窓を開けて部屋の熱気を逃がしてから運転をするようにするとより効果的に使用することが出来ます。暑い熱気がこもったまま運転を開始してしまうと、それを下げるために余計な電気代がかかることになってしまうので、ぜひ覚えておきましょう。また、もう1つ大切なのが室外機に直射日光をあてないということです。室外機が直射日光によって熱を持つと効率が悪くなってしまうので、注意が必要です。こちらも覚えておきましょう。

業務用エアコンはまずは現地調査から
業務用エアコンを購入、設置する際には業者に見積を依頼するのが一般的です。最近では、インターネットを通じて見積を簡単に依頼することが出来るようになりました。そんな業務用エアコンの見積ですが、現地調査を行わないと正式な見積は出ません。業者が実際に現地を調査して、必要な資材、必要な工事、設置する位置の確認などを行ないます。配管の長さや電線の長さ、穴を開ける位置、部屋のスペース、搬入経路の確認などを行なった上で、正式な見積が出ます。インターネットを通じての見積と言っても必ず業者が1度現場を見ないと正式な見積は出ないということを覚えておきましょう。逆に言えば、1度も来ない業者に依頼をするというのは非常に危険です。後で、追加料金などを請求される可能性があります。